交通事故と慢性痛

2016-04-21

先日の報道によりますと,「外傷などが治った後もわずかな刺激で痛みを感じる「慢性痛」は、脳の神経回路が刺激に過剰反応して起きることを、自然科学研究機構生理学研究所などの共同研究グループがマウスを使った実験で明らかにした」そうです。

交通事故で外傷を負った場合,数か月経っても痛みが続くことがあります。今まで保険会社裁判所は,痛みが続くのは精神的な影響が大きいとして後遺症を認めなかったり減額をしたりしてきましたが,上記の研究が進めば被害者の助けとなるかもしれません。

Copyright© 2012 千葉で弁護士をお探しなら早川法律事務所へ All Rights Reserved.
弁護士ホームページ作成